​参照文献

​少しでも食や栄養に関係あることに

触れている情報のURLです。

​クリックするとリンク先にとびます。

WHOに新型コロナウィルス感染症関連の栄養アドバイスが掲載されていたので翻訳してみました。

内容的には日本人の私たちの栄養に当てはまるかというと、

そうでもない情報もありますので参考程度に!

新型コロナウィルス感染症関連

​栄養情報

COVID-19-Related Nutrition Information

■栄養
COVID-19アウトブレイク中の成人への栄養アドバイス

女子栄養大学

栄養科学研究所

適切な栄養と水分補給が不可欠です。 バランスの取れた食事をする人は、免疫系が強く、慢性疾患や感染症のリスクが低いため、健康的である傾向があります。 そのため、あなたの身体が必要とするビタミン、ミネラル、食物繊維、たんぱく質、抗酸化物質を摂取するために、毎日様々な新鮮な未加工食品を食べるべきです。 十分な水を飲んでください。 糖分、脂肪、塩分を避けることは、過体重、肥満、心臓病、脳卒中、糖尿病、特定の種類の癌のリスクを大幅に下げます。

毎日、新鮮で加工されていない食品を食べましょう
*果物、野菜、豆類(レンズ豆、豆など)、ナッツ類、全粒穀物(未加工のトウモロコシ、キビ、オート麦、小麦、玄米、またはジャガイモ、ヤムイモ、タロイモ、キャッサバなどのデンプン塊茎または根)、および動物性食品(肉、魚、卵、牛乳など)を食べましょう。

*日々食べるもの:果物2カップ(4サービング:400g)、野菜2.5カップ(5サービング:400g)、穀物180 g、また、肉と豆は160 g(赤身の肉は1〜2回/週、家禽(鶏肉など)は2~3回/週)食べましょう。

*軽食:糖分、脂肪分、塩分が多い食品ではなく、生野菜や新鮮な果物を選ぶ。

*野菜や果物を過剰に調理しないでください。大切なビタミンの減少につながります。

*缶詰や乾燥野菜、果物を使用するときは、塩や砂糖を加えていない食品を選んでください。

毎日十分な水を飲む
*水は生命にとって不可欠です。血液中の栄養素や様々な成分を運び、体温を調整し、老廃物を取り除き、円滑にして関節の衝撃を和らげます。

*毎日8〜10カップの水を飲みます。

*水が一番お勧めですが、水分を含む野菜や果物、例えばレモンジュース(水で薄めて無糖のもの)や、お茶、コーヒーなども飲みことができます。しかし、あまりにも多くのカフェインを摂取しないように注意してください、そして、甘く加工されたフルーツジュースや、シロップ、濃縮果汁、炭酸飲料は砂糖を含んでいるので避けてください。

適量の脂肪と油を食べる
*飽和脂肪(脂肪の多い肉、バター、パーム油、ココナッツ油、クリーム、チーズ、ギー、ラードに含まれる)ではなく、不飽和脂肪(魚、アボカド、ナッツ、オリーブオイル、大豆油、キャノーラ油、ヒマワリ油、コーン油に含まれる)を摂取する 。

*赤身の肉ではなく、一般的に低脂肪の白身の肉(鶏肉など)と魚を選択します。

*加工肉は脂肪と塩分が多いので避けてください。

*可能であれば、牛乳や乳製品は低脂肪や脂肪を減らしたものを選びます。

*工業的に生産されたトランス脂肪酸を避けてください。これらは、加工食品、ファーストフード、スナック食品、フライ食品、冷凍ピザ、パイ、クッキー、マーガリン、スプレッドによく含まれます。

塩と砂糖をあまり食べない
*食品を調理して準備するときは、食塩と高ナトリウムの調味料(醤油や魚醤など)の量が多くならないようにします。

*1日の塩分摂取量を5 g(小さじ約1杯)未満に制限します。

*塩分と砂糖が多い食品(お菓子など)は避けてください。

*ソフトドリンクやソーダ、砂糖を多く含むその他の飲料(フルーツジュース、濃縮果汁やシロップ、フレーバーミルク、ヨーグルトドリンクなど)の摂取を制限します。

*クッキー、ケーキ、チョコレートなどの甘いお菓子の代わりに、新鮮な果物を選んでください。

外食を避ける
家で食事をすると、他の人との接触率が下がり、新型コロナウィルス(COVID-19)に曝される可能性が低くなります。 自身と咳やくしゃみをしている人の間には1メートル以上の距離を保つことをお勧めします。 レストランやカフェのような混雑した環境では、常にそのような状況が可能であるとは限りません。 感染した人からの飛沫は表面や人の手(顧客やスタッフなど)に付着する可能性があり、多くの人が行き来しているため、定期的に手が十分に洗浄されているか、表面が十分に洗浄や消毒されているかはわかりません。

カウンセリングと心理社会的サポート
適切な栄養と水分補給は健康と免疫力を向上させますが、特効薬ではありません。新型コロナウィルス(COVID-19)が疑われる、または確認された慢性疾患のある人は、健康を維持するためにメンタルヘルスと食事療法のサポートが必要になる場合があります。適切に訓練されたヘルスケア専門家や、地域に根ざした身近にいるカウンセラーからのカウンセリングと心理社会的サポートを求めてください。
 

​WHO in English

首相官邸

​厚生労働省

​Be safe! Eat well!

​みなさん!

​美味しく食事!そして、

​しっかり栄養摂りましょう★

日本栄養士会

国連食糧農業機関(FAO)が示す「健康な食生活を維持する方法」の取り組みについて

Copyright © 2017 eatcoco All Rights Reserved.